「感想文」と「アウトプット」の違いとは?

こんばんは!MARIです。

皆様いかがお過ごしですか??

久しぶりに赤坂のカフェにてこのブログを書いています。

うん。出品やリサーチ業務は自宅の方が

落ち着いてできるけど、

文字を書くのはやっぱり夜のカフェだな~。

室内の照明具合もちょうどいい(*˘︶˘*).。.:*♡

皆さんが落ち着いて集中できる場所はどこですか??

さて。今日のBEC On-line schoolの学びは、

「感想文」と「アウトプット」の違いについて

当社の会社の社長の発信の事例を元に考えてみたいと思います。

うちのボスは、創業社長の教えで

毎朝社員に、著名な人の名言集に一言加えたメールが

毎朝送信されてきます。

私は毎朝読むたびに、

何故、こんなに私のココロに響かないんだろう???

って思ってまして…ww

ってか、ぶっちゃけ今も思っている節があります。

社長ごめんなさい…orz

でも、前社長の配信は同じようなテーマを扱っていたのに、

わりと毎朝読むのが楽しみだったんです。

ほぼほぼ、定時配信で完全にマインドシェアを奪われてましたね٩(๑`^´๑)

はて、この違いはなんだろう???

パッと浮かんだのは3つ!!!!

①意思を感じる文章とただの感想文

■現社長

偉人のありがたいコトバ→すぐコトバへの社長の感想と

社員への提言。以上。

なんか前社長に言われて渋々書いている感が出てる…ww

コトバに意思を感じない。

人となりが毎日会っている人なのに見えない。

■前社長は、偉人のありがたいコトバから、日常の社長の出来事

や分かりやすい例え話を使って説明→社員の日々の仕事に役立つような提言

と社長自身の決意

なんか主体的な感じで勢いを感じるし、人となりが見える。

②文体とビジュアル

■現社長

文章が固い(普段も固いからそのまんまかww)

一行が長くて、詰まっていて読みずらい。

終わり方がワンパターン

■前社長

言葉に緩急がある。

読み手(社員)を意識した文体。

一行の文字数、行間もバランスがよい。

語彙のバリエーションがたくさんある

双方のコミュニケーション

①と似ていますが、

■現社長

一方通行

■前社長

社員を意識して書いているから双方コミュニケーション

投げかけ系の質問もちょいちょい投入。返信しやすい

!!!!!

今朝の三浦さんの音声テーマと色々被る!!!って思い

思わず会社の現状を例に使いました。

人を否定するのはとても簡単です。

読んで頂いてる皆様のココロの中では

「あなたも今の会社の社長と同じになってるよ!!!!!!!!」

って読みながらツッコミされている方もいらっしゃるかもしれません。

なので自戒を込めて書きました。

もっと、もっとコトバを学び、

読んでくださっている方がいることを意識して、

1人でも誰かのココロに届く発信ができるように、

これからも奮闘します!!

それではカフェも閉店なので失礼します。

今日も読んで頂きありがとうございました(*˘︶˘*).。.:*♡

寒いので皆様風邪などひきませんように。

応援してください!

ポチッとしてくれたら泣いて喜びます

古賀まり 公式メールマガジン






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。